買取需要の高い探検家愛用のエクスプローラーI

数種類あるロレックスのモデルの中で。サブマリーナと双璧を成す古くからの実用モデルがエクスプローラーIです。エクスプローラーとは探検家の意味で、1953年にエベレスト初登頂をしたイギリス隊のヒラリーがロレックスを着用していたことに端を発し、以降探検家用に開発が続けられたモデルです。現在のモデルは7代目で、2010年にモデルチェンジしました。シルバーのベルトとケースに視認性が優れたブラックの文字盤が特徴的な100m防水の自動巻き時計です。このモデルチェンジの大きな変化はケースサイズが36ミリから39ミリに変わったことです。ケースサイズで新旧の区別がつきます。新型モデルでは、パラクロム・ヒゲゼンマイとパラフレックスショック・アブソーバが新しく追加され、より探検家らしい腕時計となっています。
エクスプローラーIの現行モデルは定価は67万円、新品市場では60万~65万円、中古美品で45万~50万で売買されています。買取相場は他の高級腕時計と比べ高く、新品で47万~50万円、中古美品で25万~35万円です。使用感によって減額されます。換金率も74%~76%と高いのが特徴です。エクスプローラーIは製造年代によりバリエーションがありますが、同時発売のバリエーションは無く、シルバーケースのブラック文字盤の1アイテムだけです。こだわりの逸品感が強く、愛用者が多いため、需要が高く買取価格が下がりにくいのも特徴です。

高価買取実績:エクスプローラー