買取査定額の高い洞窟探検のエクスプローラーII

ロレックスのアウトドアモデルの1つであるエクスプローラーの豪華版がエクスプローラーⅡです。シンプルな時計機能のみだった従来の探検家用時計モデルをエクスプローラーIと呼ばれ、それとは別にエクスプローラーⅡは24時間表示機能や日付機能などが付加されています。南極点や北極点など磁力の影響でコンパスが使えない地域では、24時間針をコンパス代わりとして使えるようになっています。 1971年に開発され、翌年市場に登場したエクスプローラーIIは100m防水の洞窟探検家向け自動巻き時計として、デザインや機能に特徴があります。洞窟探検では昼夜の別が判断しにくくなるため24時間ベゼルと24時間針で昼夜を把握しやすくしています。バリエーションはホワイト文字盤とブラック文字盤の2種類が用意されています。2011年から発売されている現行モデルは4代目で、アイボリー文字盤の2代目は異色なため高値で売買されています。
現行モデルの定価は78万円で、新品は70万~75万円、中古美品は55万~65万円で売買されています。ニーズが高いため、値崩れの少ないモデルの1つです。買取相場は新品で50万~58万、中古美品で45万~55万円です。換金率も70%~80%と資産性の高い腕時計です。旧モデルも状態が良ければ、30万~40万円の買取査定額が付いています。60万~65万円で売買されている希少な2代目アイボリーモデルも30万~38万円で査定されています。